産学官との連携・共同開発

産学官連携を積極的に推進し、磁気治療の未来を開拓。

株式会社ホーコーエンでは、様々な研究機関、大学の方々と磁気の可能性について積極的に情報交換・研究を進め、製品へのフィードバックはもちろんのこと、新しい磁気治療の開発に常に挑戦しています。

株式会社ホーコーエンの連携図

香川大学、香川高等専門学校との共同研究。

このたび、医療機器開発に当たって必要不可欠な工学的アプローチを香川高等専門学校、人体に対しての磁気刺激効果を香川大学と様々な角度から評価検証しています。

研究イメージ

研究イメージ

先進医療を研究している大学、高専、研究機関と連携し、新たな医療への挑戦。

磁気の医療応用は、優れた画像診断装置の一つMRI(磁気共鳴画像)やリハビリ(脳梗塞後の治療・うつ病・パーキンソン病)等の治療で利用されているTMS(経頭蓋磁気刺激)等の、先端医療として利用されています。そこに至るまでには、細胞レベルでの基礎研究が欠かせません。株式会社ホーコーエンと香川大学医学部(皮膚学教室)との共同研究では細胞レベルでの研究をしっかりと進めております。また、香川高等専門学校との共同研究ではTMSの更なる機能向上、新たな医療分野への開発へ向けた取り組みを進めています。

イメージ01

新たな磁気治療器の開発に挑戦しています。

共同研究では様々な発見があり、今後の商品開発に生かす研究成果が出ています。ホーコーエンでは磁気の新たな可能性を皆様の健康づくりのお役に立てるよう研究開発を進め、新製品を開発し、生活習慣病の克服、予防に邁進してまいります。

現在進行中の共同研究開発

「変動磁気によるお肌の影響」

「電気磁気治療器の開発研究」

「磁気の可視化」

香川大学との共同研究特許願.pdf

※PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobi®Reader®(無料)が必要です。

adobepdf

磁気治療の研究開発

製品情報

企業情報

研究開発

磁気治療のすすめ

施設案内

お問い合わせ

pageTop